エピレ承諾書(同意書)について

未成年でも、親権者の承諾書(同意書)があれば、エピレの脱毛は受けられます。

承諾書さえあれば、大丈夫ですか?


トップページでも書きましたが、同じ未成年でも年齢や立場で条件が異なります。

たとえば、中学生の場合、同意書+親の同席が必要になります。
高校生や高専生の場合、脱毛部位によっては親の同席が必要になります。

他にも、いろいろ違ってきますので、しっかりとチェックしておくことが大切です。

エピレの承諾書(同意書)は、どうしたら手に入りますか?


⇒エピレの公式サイトにログインします。

右側【ご予約・お問い合わせ】の欄に「未成年のお客様へ」の表示をクリック。

年齢別に表示してありますので、あなたに該当する部分をクリック。

【エピレファーストプラン承諾書】からダウンロードできます。

自宅にプリンターが無い場合は、どうしたらいい?


エピレの公式サイトには、
「プリンターがない場合は、上の承諾書と同じ内容を便箋にご記入・捺印の上サロンにお持ちください。」
と書いてあります。

それで良い場合は、あなた自身もしくは親御さんにフォームを作成してもらい、持参すれば大丈夫です。

それが面倒な場合、コンビニのネットプリントサービスを利用するという方法もあります。

ネットプリントサービスとは?


あらかじめインターネットで登録しておいたファイルを、コンビニのマルチコピー機で印刷できるサービスです。

セブンイレブン、ファミマ、ローソン、サークルK、サンクスなど、対応しているコンビニはいろいろあります。

全てのお店で対応している訳ではないので、あなたの目当てのお店がどうなのかを確認しておいたほうがいいですね。

まず、会員登録してからファイルを登録していきます。

どこのコンビにエンスストアを利用するかで、登録方法など違ってきますのでチェックしておきましょう。

一度、会員登録しておけば、エピレ以外のファイルを印刷したい時に、便利かもしれませんね。

万全な体制で、エピレの無料カウンセリングへ行きましょう♪


きちんと保護者の許可を得て、必要なものを揃えたら、堂々とエピレの無料カウンセリングへ行きましょう。

親御さんが、どうしても心配しているようだったら、まずお母さんにエピレの脱毛を受けてもらうという方法もあると思います。

同じ女性同士、キレイになりたいという気持ちは、お母さんにもあるはず。
エピレの脱毛は料金も安いので、経済的にもそれほど負担にはならないと思いますよ。

親権者の許可が難航しそうな時は、こんな方法で説得する手もあるんじゃないかな?

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。